システム開発で大切なことの一つ

やはりPMの存在って大切だと思いました。

とある案件が大炎上。PMはコンサル出身のシステムわからん人。

お客と調整しない、API設計ができると自負する。

 

そもそもAPI設計ができるとは?

「設計書のフォーマットが分かってて、何をどこに書けばいいかわかる」というのは、設計ができるとは言えないけど、そんなレベルっぽい。

リクエストのHeader、Bodyに何を設定して、レスポンスで何を返してほしい。エラーはどうするかなど、APIの開発する人とAPIを使う側(アプリエンジニアとか)が、どうするか話し合って決めないといけないので、PMが一人でできるものではないと、私は思います。

 

PMはPMの仕事をしましょう。

・お客と調整する

→客のいう事聞いて内部を調整するのではなく

 

・リスクが有るものは、先手を打つ

→期限ギリギリで間に合わないとか言わず、アラートをプロジェクトに上げて、そうならないように回避行動をする

 

・メンバーが気持ちよく仕事ができるようにする

・QCDのどれがいちばん大切なのかを確認して、バランスを取ってプロジェクトを進める

などなどだと思います。

 

プログラマーの領域に踏み込んだりしないほうが良いです。